旅行の時に履く靴は、Camper(カンペール)_旅の準備

旅行に行くとガンガン歩くけど、スニーカーはちょっと…ってときもありますよね。
ヨーロッパにちょいちょい行く私が、海外に連れて行く靴をご紹介します。

石畳で歩ける靴とは?

ヨーロッパだと日本のようなアスファルトやタイルじゃなくて、石畳なので、細いヒールの靴はヒールが引っかかっちゃうし、靴底が薄いと足がすっごく疲れちゃうしで、結局スニーカーが楽じゃんってなるんですよね。(石畳って、足の裏も疲れるけど、それ以上に膝にくるんですよね、膝に。)
でも、ちょっといいレストランやデパートに行くのに、スニーカーはちょっと…って場合は、歩きやすいパンプスがあるといいですよね。

Camper(カンペール)

私は、スペインのCamper(カンペール)の靴がお気に入りです。スペインも石畳の多い国なので、石畳でも歩きやすい靴が多く作られています。
ただ、Camper(カンペール)ってちょっと奇抜な色合いだったり、左右非対称のデザインだったりで、とっつきにくいなーって感じるブランドかもしれません。
でもそんな靴の中にもフォーマルなパンプスもあるので、ちょっと見てみてください。

CamperHelena

ヒールは4cmくらいでちょうど良い高さ。ストラップがあるので脱げにくくて歩きやすいんです。ワンピースにもジーンズにも合わせやすくてお気に入りです。

Kobo

Helenaじゃちょっとヒール細めじゃない?って人は、Koboもおすすめ。Helenaよりちょっとカジュアルだけど、スニーカーよりいいです。ヒールもしっかりしてて、歩きやすいですよ。

Serena

ヒールはほぼいらないの!って方は、Serenaがいいかもしれません。フェミニンでクラシカルなデザインのパンプスで、スカートでもパンツでもカジュアルなジーンズでも合わせやすいと思ってます。

 

以上、私のお気に入りのCamper(カンペール)の靴、3足でした。

シューズの色止め

ちなみに、日本製の靴ではあまり経験ないんですが、海外の靴って靴の中の色落ちが気になったりしませんか?ガンガン歩いて足に汗をかいたり、雨の中を歩いたりすると、靴下やストッキングが靴色に染まってたり…。ちょっと悲しいですよね。
こんな時は、靴の中の色止めもあるのでそれを活用してます。

靴の中にシューっとかけて、30分くらい乾かす。を2〜3回くらいすると色落ちがマシになります。
靴の表面には防水スプレーを使ったりして、日々のお手入れと一緒にやっておくと、靴も長持ちするので、習慣づけるのもいいかもしれませんね。

旅好きの私のおすすめの靴についてでした。


にほんブログ村 旅行ブログへ