温泉ソムリエになりました_旅の雑記

先日、都内某所で温泉ソムリエになるべく、温泉ソムリエ認定セミナーを受講してきました。

温泉ソムリエ

温泉ソムリエとは、簡単にいえば「温泉を知る」「入浴の方法を知る」人のことで、そのことを温泉ソムリエ協会が認定しましたよという資格のことです。
いわゆる民間資格なので、ゆる〜〜〜い感じの部類の資格ですね。

私が温泉ソムリエの資格を取ろうと思ったのは、以前の記事をご覧ください。

www.heatrip.xyz

温泉ソムリエ認定セミナー

月に何度か日本のどこかで行われている「温泉ソムリエ認定セミナー」ですが、私は都内で行われた温泉ソムリエ認定セミナーに申し込み、受講してきました。
受講料は場所によりますが、温泉ソムリエのテキスト(教科書)、温泉ソムリエタオル、認定料も含み、20,000円〜25,000円の間に当てはまるくらいです。

会場には開場の5分後に到着したのに、セミナールームの前の方の席はほぼ埋まっている状態です。
みなさん、やる気満々な方が多いんですね。
やむなく、後方の席に座りましたが、講師の方の声が聞こえないというようなこともなく、また板書もないので、後方の席でも問題はありませんでした。

机の上には、テキストとタオル、パンフレットなどが置いてありました。

onsensommeliertext

テキストは、しっかりした作りのもので、厚さが2cm弱もあります。
A4サイズなので、受講されたいと思っている方は、大きめバッグで行ってくださいね。

そして、温泉ソムリエタオルはフェイスタオルタイプのものでした。

onsensommeliertowel

記念品ですね。
入浴5か条が書かれていて文字だらけなので、使うのはちょっと…な感じです。

受講内容

温泉ソムリエ認定セミナーでは、次のような内容の講義がありました。

  1. 温泉の定義(60分)
  2. 正しい入浴法(50分)
  3. 温泉分析書の読み方 1(50分)
  4. 温泉分析書の読み方 2+認定式(50分)

 休憩を含めて約4時間ほどのセミナーでした。
こんなに長い時間の座学って久しぶりでしたが、自分に関心のあることを教えてもらっているので、楽しかったですね。

温泉の定義や温泉分析書は、温泉ソムリエっぽい内容でしたが、「正しい入浴法」については温泉に限らず、自宅での入浴方法についても教えてもらいました。

なぜなら、自宅での入浴事故の死亡者数って、交通事故の死亡者数の4倍以上の約19,000人(温泉ソムリエ協会では、わかりやすく約20,000人としています)。
入浴事故ってニュースで見聞きしますが、交通事故のニュースの方が多く目にしますよね。
でも、死亡者数は交通事故より、入浴事故でのほうが断然多いんです。

なので、温泉ソムリエとして入浴事故を減らす啓蒙活動のために、正しい入浴法をまずは家庭のお風呂から学び、温泉の入浴方法も併せて学ぶということなんですね。

温泉ソムリエには、温泉分析書の見方を知りに行ったんですが、入浴方法の方が大事なんだなと頭に叩き込んできました。

でも難しい内容ではありませんでしたよ。
温泉の定義や温泉分析書についての講義も、難しい法律で決められているものを、一般の人にでもわかりやすく噛み砕いた状態で、時折ユーモアも交えて教えてもらえるので、楽しく学ぶことができました。
講義はテキストの一部だけですが、内容が豊富なので、自分で知りたいことはテキストを開けば、大抵のことは知ることができるものになっています。

温泉ソムリエ認定証

セミナーの最後に、認定証の授与式があります。

お名前を読んでもらい、講師の方に手渡しでいただくものがこちら。

onsensommelier

なんだか久しぶりに取った資格だから、認定証をもらえて嬉しかったです。

温泉ソムリエ検定試験

帰宅後、テキストなどと一緒にもらったパンフレットなどと一緒に、温泉ソムリエ検定試験のお知らせも入っていることに気付きました。

N-Academyのウェブ受講ができるようで、今すぐに検定試験を受けられるようだったので、その日のうちに試験を受けてみました。

※N-Academyのサイトが不正アクセスの攻撃を受けてメンテナンス中のため、リンクは削除しています。

温泉ソムリエ検定は、オンラインテスト(50問)を受けると、温泉ソムリエ検定認定証(合格者No入りIDカード)とプレミアム温泉ソムリエタオルが貰えるもので、受講費用は5,000円(税抜き)。
でも、N-Academyの登録が初めてなら、1,030円分のクーポン貰えるので、1,000円割引で検定を受けることができました。

オンラインテストは50問ですが、間違っても間違ったものだけ再試験できる仕組みなので、そんなに大変なものではありませんでした。
受講当日にテストを受けたので、まだ頭にしっかり残っていたので、さほど間違うこともなく…という感じでした。
間違った問題は、ほぼ温泉分析書の読み方でした。
やっぱり難しい!!テキストを読み直して、頭に入れていこうって思いました。

温泉ソムリエ検定認定証とプレミアム温泉ソムリエタオルは、ちょっと後に届けられるとのことなので、楽しみに待っているところです。

ちなみに温泉ソムリエって…

何人かに聞かれたんですが、温泉ソムリエは「温泉を飲んで、どこの温泉か!」を当てる人のことではありませんので、あしからず。笑

ソムリエは、確かにワインの給仕人で、テイスティングもできる人のことですが、温泉ソムリエは味で、どこの温泉かを当てたり、泉質を当てたりはしません。
いや、温泉を口にして、どこの温泉か当てる温泉ソムリエの方もいらっしゃるようですが、特別です。

普通の温泉ソムリエの方は、人より温泉のことと入浴方法をよく知っている人という感じです。

ちょっと興味がある方は、手作り感溢れる温泉ソムリエ協会の公式サイトで、受講を検討してみてくださいね。

温泉ソムリエ協会(温泉ソムリエ公式サイト)


にほんブログ村 旅行ブログへ