箱根旅行_Day2

湯治宿で「何もしない」まま、朝ごはんを食べます。

朝は7時に起きて、朝風呂!
夜とは浴槽の数が違うお風呂です。
朝から入って、すっきりして朝ごはんに備えます。

朝食

朝食はちょっと遅く8時半から。ゆっくり湯治するための宿なので、のんびりが基準なんでしょうね。
朝は野菜中心であるものの、鰯の丸干しや温泉卵などの動物性タンパク質も食べられます。
この鰯の丸干しは最高!頭も全部食べちゃいました。
右下にある小鉢は、自家製の納豆。醤油もたらさずに食べられました。

朝食1
あと湯豆腐もあります。このお豆腐は大豆の香りが強くおいしかったです。
朝食2 

チェックアウト

9時〜10時半までがチェックアウト可能な時間です。
私は朝食後、お腹が落ち着いた10時前にチェックアウトしました。
私は1泊でしたので、現金払いのみです。連泊をした方が良いお宿ですから仕方ありません。
2泊以上宿泊した場合は、クレジットカードも使えますのでご安心を。
チェックアウト後はどうするのかと聞かれたので、近くの立ち寄り湯に行きたいと伝えると、行き方を教えてくれ、車に気をつけてねーっとお見送りしてくれました。

天山湯治郷

Google先生に場所を聞いたら、はるのひかりから1kmくらいだったので、歩けるやんって思ったので歩いて行きます。
バスが走ってますから、歩かなくていいですよ。私がひたすら歩くのが好きなだけです。

歩いたんですが、箱根は車優先な道の作りなのを忘れてまして…、細い歩道を歩いていると、ガンガン飛ばしてた車も私の横を通るときはスピード落としてくれます。
ルール上そうなんですが、ありがたいことです。
普通1kmくらいであれば、15分かからないんですが、忘れてたけど箱根は山。ほぼ上り坂だったので、20分ほどかけて天山湯治郷に到着。

お風呂だけ楽しめる「一休」と、休憩所から食事処まで揃って1日ゆっくりできそうな「天山」があります。
風呂だけでよかったのですが、「一休」は11時オープンだったので、10時ちょっとすぎについた私は仕方なく「天山」に向かいます。

入り口へ向かう前に券売機で入場券を購入します。大人は1,300円。一休は1,100円だったかな。
入り口に入って下駄箱に靴を入れ、受付で入場券を渡します。
特に施設の説明もなく…方向音痴の私は迷子気味にお風呂に向かいます。

脱衣所を出ると、外なので寒い時期は体がびっくりしますね。
建物内では洗い場があり、温泉は露天風呂。
泉質は2種類で、アルカリ性単純泉とナトリウム塩化物泉。
露天風呂は岩風呂になっていて、単純泉の方は特に滑りやすいので気をつけてください。手すりのあるところから出入りしてくださいね。
あとはサウナもありました。入ってないので状況はわかりませんが、のんびりするにはサウナもいいですよね。
洗い場のある建物には、上がり湯用の浴槽もあり、温度高めのお湯。ちょっと塩素臭があったのが気になりました。
土曜日の午前中だったのでさほど混んでいませんでしたが、休憩所には男性が多かったので男湯は混雑していたのでしょうか?
宿の人の話では、日曜日は激混みだそうなので、平日、または土曜日の早い時間がお勧めとのことです。

天山でお昼ごはんもと思ったのですが、そんなの長湯もできないし、朝ごはんも遅かったしで、下山することにしました。
帰りはバスに乗ろうかと思ってバス停に向かったら、うん30分待つね。30分歩いたら、だいたい下まで降りれるねってことで、歩きます。
皆さんはバス待ちましょう。歩道が少ないから!

お昼ごはん

お昼はそばが食べたかったので、「はつ花そば 新館」で。
混雑はしていたものの、たまたま空席ができたのですぐに入れました。
メニューはもちろん「せいろそば」。自然薯山かけとそばのセットです。

せいろそば

箱根ラリック美術館

お昼ごはんのあとは、箱根ラリック美術館に行きます。
これまで何度か箱根に来ていますが、食い倒れと温泉に忙しく、行く時間がありませんでしたが、やっと来れました。
美術館には、オリエント急行の車両が展示されていますが、動かない車両にはさほど興味のないやや鉄子は、ルネラリックを見に美術館に急ぎます。

ルネラリックは、ジュエリーデザイナーとしてもステキですが、50代から始めたガラス工芸もステキですよね。
私はジュエリーより、香水瓶が好きです。
あとは、昆虫をモチーフにしたジュエリーとガラス細工。トンボとセミの忠実な再現は本当に素晴らしいと思います。
そんなルネラリックの作品をじっくり見ることができるのは、箱根ラリック美術館
また来たいと思える美術館でした。

ロマンスカー・MSE

小田急線と東京都メトロ 千代田線を結ぶ、ロマンスカー・MSE。
青いロマンスカーですね。
これに乗って帰ります。
新宿とかで降ろされるより、千代田線の駅で降りれる方が便利なので何度か利用しています。
事前に予約して、Eチケットを持って行けばOK。
車内でチケット見せた記憶はありませんが、持っておかないと色々めんどくさいことになりそうです。

 

これで2018年の箱根旅行はおしまい。
今度は、はるのひかりに連泊したいなー。


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ